第1回定例会での一般質問

一般質問 (2月22日)

今回は私の質問のみでお伝えします。

小泉質問

「世田谷区多様性を認め合い男女共同参画と多文化共生を推進する条例」案について。

LGBTや男女共同参画、多文化共生に関する、関係者の方々の様々な検討について、尊重したいと思います。

しかし、案が出され、それを全体的に見ると、大きな問題を抱えていると言わざるを得ません。

世田谷らしくない、ということです。

ここに、条例案の第8条、「基本的施策」があります。

この前半は、男女共同参画に関するものであり、後半は、多文化共生というか、外国人対応に関するものです。

私は、この10号に疑問を持ちます。

「国籍、民族等の異なる人々の文化的違いによる偏見又は不当な差別の解消」とあります。

「『文化的違いによる偏見』とは、一体何を指すのか、そのような概念を区は認めるのか」、と質問したところ、「これは、ヘイトスピーチ対策であり、この条項がないと、ヘイトスピーチ対策はできない」、と担当は言われるのです。

疑問です。

ヘイトスピーチについては、既に、平成28年1月5日に、区議会として、国及び国会にたいして、要望書を出していますが、その趣旨は、基本的人権尊重の観点です。

つまり、ヘイトスピーチは、人権侵害問題であるとしているのに、なぜ、今回、区は、ヘイトスピーチ問題を文化問題とするのか、お伺いします。

さらに、11条において、「区民は、基本的施策に関する事項について、区長に苦情等を申し立てることができる」、とされています。

基本的施策は、8条に列挙されていることから、結果として、世田谷区は、「文化的違いによる偏見」を区長に苦情申し立てできることとなります。

「文化的偏見」を、「苦情処理する」、ということは一体どういうことですか。

「文化的違いによる偏見」という言葉自体が、偏見です。

文化ということは、個人の内心の自由、表現の自由と密接に関係し、最大限の尊重をすべきものです。

その文化的違いによる考えの違いを「偏見・不当な差別」と区がみなし、さらには、区が苦情処理として介入し、解決していく、という発想が信じられません。

苦情処理という事は、ある案件を、ある尺度に基づいて、その良し悪しを判断する、ということですが、文化について、世田谷区がある一定の尺度を持ち、その尺度を当てはめる、ということがありえるのですか。

そのような思い込みは、国際社会に生きる世田谷区としては決してあってはならないことです。

「文化を、苦情処理対象にする」、このことを考え直し、条例を見直すべきです。

区のお考えを伺います。

組織改正について伺います。

このたびの組織改正で、子ども若者部が、保育部門と分離されると示されました。

反対です。

子ども部は、日本で初めて子ども政策専門の部門として設置され、子どもにかかわることを、統一的に総合的に行ってきたところです。

それをなぜ、今、分離しなければならないのか、全く、理解できません。

区は、行政需要に応じて、組織改正を行う、とされますが、これでは、世田谷の子どもが、保育園子どもと、保育園以外子どもに分離されてしまうではないですか。

これまでの世田谷の伝統、取り組みを壊してしまう組織改正は、行政の身勝手であるし、子どもに被害が及びます。

区のお考えを伺います。

地域コミュニティ施設運用ガイドラインの問題点について質問します。

区は、地域コミュニティ施設を、住民主体の自主的な活動の場として運用していくとのことであり、基本的考えとして賛成します。

しかし、今回のガイドラインについては、問題があります。

まず、区民の活動する場が圧倒的に足りないことです。

まずは、どのように、活動の場を確保していくか、その努力が見えません。

空き家活用などあらゆる方策を尽くすべきです。

その上で、今回区は、施設の優先利用として、介護予防、子育て支援等の公益的と思われる5つの事業を位置づけています。

介護予防が大きなテーマであることは確かですが、区は、区民活動の実態をわかっているのでしょうか。

それぞれ自主的な活動として、例えば、健康体操があり、ダンスがあり、童謡を歌う活動などがあるのです。

それぞれ、介護予防には効果的だと思いますし、ご本人たちは、それぞれが最も良い活動と思っていらっしゃる。

このような状況で、区は、どのように、優先順位をつけるのですか。

この判断基準を明らかにすることこそが重要であり、さらには、その判断を行う責任所管はどこなのでしょうか、これらを明らかにすることがまず必要であり、これらの疑問についてお答えください。

これらが明確でない間は、新たな仕組みは導入すべきではありません。

さらに、地域コミュニティ施設連絡会が提案されていますが、区からの説明によると、この連絡会を設置した後に、将来に向けて、住民が主体的に運営する施設のあり方について検討するとされます。

全く、検討の順番が逆です。

まずは、区として責任を持って、住民が主体的に運営する施設のあり方を示した後に、連絡会等を設置すべきです。

区のお考えを伺います。

4、外環の森について、伺います。

外環道整備については、関係者のご努力により、着々と工事が進んでおりますが、今後、完成に向けて、地域の単なる迷惑施設ではなく、地域の財産ともなるものとして、外環を緑で覆う、地域にふさわしい末永く愛される豊かな新しい森のイメージという外環の森のお話がありました。

この外環の森については、直ぐには実現できないでしょうが、逆に、年を追うごとに、新しい森が育っていく、このような楽しみもあります。

次世代に引き継ぐ大切な宝物が、この地にできることは、大変嬉しいことでもあり、みどり33をめざす世田谷としても有効な取り組みです。

この外環の森実現に向けて、様々な関係者の皆様の協力体制が必要であるし、長期にわたる取り組みになろうとは思いますが、その関係者との連携、スケジュール等について、区のお考えを伺います。

5、世田谷区舗装道路更新計画実施における区内事業者の活用について

この度、世田谷区の舗装道路更新計画が、示されました。

評価します。

道路の舗装がきちんと補修されているのは、街として当たり前のことです。

改修工事で、舗装がやり直されたところを通りますと、何か、心が洗われる、ちゃんと区は、必要なことをやっているのだ、そして、工事の方々には、ご苦労様と声をかけたくなります。

一方で、今回、示された産業ビジョンにおいては、その施策体系の中で、「区の都市基盤を支える建設産業等の振興を図る」「公共事業等の受注機会の確保などを通じて区内事業者を育成する」とされています。

しかし、この産業ビジョンを支える、産業振興計画については、全く、具体的な姿が見えていません。

実際の事業において、道路舗装事業と、区内事業者をどのように結び付けていくのか、区のお考えを伺います。