これもおいしい

笹巻き

田舎のおばさんが送ってくださった笹巻き。手作りなんです。きな粉をたくさんつけていただきました。

「山形から届いた笹巻を見ながら」

山形から届いた笹巻私のふるさとは山形県川西町。

生まれた当時は玉庭村大字「大舟」。

なぜ「大舟」なの?あんな山の中だから海なんて見たこともない。

ちなみに私が初めて海を見たのは小学四年生の夏でした。

新潟県との県境の念珠ヶ関(鼠ヶ関)に父に連れられて弟と三人で一泊でわざわざ見に行きました。

懐かしい思い出です。

「この、たくさんの・・・、たくさんの水は、どこから、どうして来るの?生まれたの?」

???だらけでした。

次に川のこと。

川なんて、山奥だから細い川が一本流れているだけです。

それなのに「大舟」という地名があるのが不思議です。

ところで右の写真は「笹巻」といいます。

二枚の笹を三角に折り、もち米を入れミゴで結んでゆでるのです。

きな粉をまぶして「いっただきまぁーす」

あーあ、おいしい。

多分、農作業で忙しいお母さん方の知恵から生まれたものでしょう。

これを田んぼに持って行ってお漬物と一緒にいただいたのです。

機械なんてなかった時代、体だけで働き続けていたみんなへのごほうびだったのですね。

懐かしい食べ物です。

毎年笹巻をいただく度に思い出すことです。